実感!初対面から質問責めの男性は、絶対にNG

MENU

初対面から質問責めの男性は、絶対にNG

ドキドキしながら参加した婚活パーティーで、とある男性に声をかけられました。「綺麗な人ですね」といきなり容姿を褒められて、少し照れていると、「お仕事は何してるんですか?」と訊かれました。事務系の仕事をしていると伝えると、男性の顔が少し曇り、「ふーん」といった感じの返答・・・(何かまずいこと言ったかな?)と、不思議な気分になりました。
婚活4
その後もその男性は、学歴・婚歴の有無・過去の恋愛経験などをどんどん質問してきます。そして「その彼とはどうして別れたの?」と、初対面でタブーだと思われるような領域にも遠慮なく侵入してきました。

 

こういう男性は、効率よく理想の相手を探したいという気持ちが先走り、訊いてよいことと、訊いてはきけないことの線引きが出来ていないのです。

 

あまりにも自分の婚活に必死になり、相手の気持ちを考える余裕がないのでしょう。女性は、自分の話をじっくり聞いてくれる男性に心惹かれるものです。でも言わされたくないことまでズケズケと質問攻めに遭うのは、男女問わず嫌なものです。

 

さらにまずいことには、こういう男性は、自分が相手からどんなふうに見られるのかを全く意識出来ていません。当然のことながら、デリカシーのなさすぎる人と一緒に暮らしたいと思う人は、いないことでしょう。このときもそう思い、話題をそらしてその男性から離れました。もちろん彼とは、それっきりです。

 

相手の気持ちを考えず、自分の目的だけを達成したいという姿勢を丸出しにしてしまうと、「この人は、きっと普段の生活からこのような調子なのだろう」と思われて敬遠されてしまいます。

 

そういう人ほど、自分が逆のことをされると不快感をそのまま態度に出してしまいがちでもあります。つまり自分がしていることは無意識で、人からされると気分を害するというマイペースな人なのです。